放射性物質 新基準スタート

皆さん、こんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

ニュースのようなタイトルにしてしまいましたが、皆様ご存じのとおり
食品に含まれる放射性物質に関する国の“新基準”が今月からスタートしました。

これまでの“暫定規制値”で許容されていた年間線量5ミリシーベルトから
年間1ミリシーベルトに基づく“基準値”に引き下げとなりました。
ニュースなどで度々、目にしますが新基準値(放射性セシウム)は以下の通りです。

肉や野菜、魚など「一般食品」は、1キログラム当たり100ベクレル。
「牛乳」と「乳幼児食品」は、1キログラム当たり50ベクレル。
「飲料水」は、1キログラム当たり10ベクレル。

飲料水が、他の区分に比べて特に厳しい基準値である理由は、
厚生労働省から以下の3点であると発表されています。

◇すべての人が摂取し代替がきかず、摂取量が大きいこと
◇WHOが飲料水中の放射性物質の指標値(10Bq/kg)を提示していること
◇水道水中の放射性物質は厳格な管理が可能であること

さて、マーキュロップ「富士山の天然水」は?
⇒まったく影響ありませんので、ご安心ください。

放射性物質の話が出ると、いつも繰り返しブログに書いていますが、
マーキュロップ「富士山の天然水」は、静岡県に位置する地下170mの深井戸から汲み上げた天然水を、ボトリング(充填)しています。富士山の深井戸の天然水に、福島第一原発事故による放射性物質の影響が及ぶことはありません。また加熱殺菌を行った硬度29.8の軟水のため、赤ちゃんのミルク用にも、お料理等にもご安心してご利用いただけます。

それでもやはりお客様から「検査を実施してほしい」というお声もありますので、震災以降
外部の検査機関による放射能測定検査も月に2度、毎月1日と15日に実施しています。

また、さらにマーキュロップでは、放射性セシウムの国の基準値である10ベクレルではなく、自主的に放射性ヨウ素も検査項目に加え、数値は国の基準値の1/10にあたる1ベクレル以下で測定しております。
(正確には、結果報告書に0.6〜0.9ベクレルの検出下限値が記載されています。)

検査結果は、月に2度ホームページに公開しています。どうぞご確認くださいませ。
4月第1回の放射性物質検査のお知らせはこちら【公式ホームページ】≫

私たち社員も自宅でそれぞれ1〜2歳になる子どもから家族皆で飲んでいる天然水です^^
ご不明な点やご不安な点などございましたら、どうぞご遠慮なく
お問い合わせフォーム又はフリーダイヤルまでお問い合わせくださいませ。

今後とも、マーキュロップ「富士山の天然水」をよろしくお願い申し上げます。

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

放射性物質検査「検出下限値」変更のお知らせ

マーキュロップ「富士山の天然水」をご愛飲いただいている皆様、
またブログをご覧いただいている皆様、いつもありがとうございます。
株式会社マーキュロップの岡本です。

2012年1月より、弊社が行う放射性物質の測定検査の検出下限値を、
これまでの「10ベクレル以下」から1/10に下げ、「1ベクレル以下」にて
実施いたします。

2012年1月9日更新のお知らせ及び検査結果は、公式ホームページをご覧ください。
「放射能測定検査結果について(検出なし/検出下限値変更)」該当ページはこちら≫

***

東日本大震災以降、弊社では外部の検査機関による放射能測定検査を月に2度、毎月1日と15日に実施しております。

厚生労働省の定める食品1キロ当たりの放射性ヨウ素・放射性セシウムの暫定基準値それぞれ300ベクレル・200ベクレルに対して、弊社はこれまで10ベクレル以下(おおよそ6〜9ベクレル)を検出下限値とする検査を実施してきました。

この度、よりお客様にご安心いただきたく、2012年1月より検出下限値を10分の1に下げ、1ベクレル以下(おおよそ0.6〜0.9ベクレル)に変更いたします。

***

以前よりご愛飲いただいているお客様からは「放射能の影響が気になり質問した際、スタッフの方の丁寧な説明に安心できました」「配送時にいただいた小冊子を読んで安心しました」といった多くの声をいただく一方で、「子どもに飲ませる水です。富士山麓の深井戸の天然水で安全だという説明にも納得できるのですが、水道水(文部科学省が行うもの)と同じくらいの低い数値の検査結果を見て安心したいのです。」といったご要望もいただいていました。

しかし検査機関へ多くの検査依頼が立て込んでいる状況において、行政機関でなく民間企業である弊社では十分にご要望にお応えすることができず、多くの一般企業と同様に「10ベクレル以下」を検出下限値とする検査を実施してきました。

これまでにマーキュロップお客様総合窓口へ「より低い検出下限値による検査はできないのでしょうか?」とお問い合わせいただきましたお客様へは、上記の通り「今すぐにお応えすることは難しいが努力させていただきたい」という気持ちを回答させていただいてきました。

震災から約10カ月が経過した現在、様々な状況の変化により、「1ベクレル以下」を検出下限値とする検査を実施することが可能となり、弊社では、2012年1月5日採水分の検査より同検出下限値を適用いたしました。

2012年1月5日採水分の検査結果報告書はこちらをご覧ください【PDFが開きます】≫

***

なお、検査の検出下限値に関わらず、マーキュロップ「富士山の天然水」は、静岡県に位置する地下170mの深井戸から汲み上げた天然水を、ボトリング(ボトルへ充填)しているため福島第一原発事故による放射性物質の影響が及ぶことはありません。また加熱殺菌を行った硬度29.8の軟水のため、赤ちゃんのミルク用にも、お料理等にもご安心してご利用いただけます。

これからもお客様によりよいサービスの提供を目指して努力して参ります。
今後とも、マーキュロップ「富士山の天然水」をよろしくお願い申し上げます。

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

復興支援活動へのメッセージ

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

先日から、世田谷区のビン?に続き、横浜市港北区、千葉県船橋市と、
比較的高い放射線量が検出されたといったニュースが続いていますね。
私たちはお客様に安全な「富士山の天然水」をお届けしながら、
一日も早い収束を祈るばかりです。

今日はちょっと心温まるお客様からのメッセージをご紹介しましょう。

マーキュロップでは、4月15日から東日本大震災の復興支援として
お客様にも“通常どおりの空ボトルの返却”によってご参加いただける
「つながる笑顔プロジェクト」を実施してきました。
プロジェクトのご報告はこちら≫

こちらの「つながる笑顔プロジェクト」に対して、お客様からたくさんの
メッセージ・ご感想をいただきました。ありがとうございます^^

◇一人の力は微力でも、たくさん集まれば大きな力となると思い知らされました。本当に大変な中、被災地も日本全体を笑顔で元気にしていくプロジェクトをまた企画してほしいです。(東京都 A様)

◇1人1人が温かい気持ちをもつことを忘れなければ、きっと良い方向へ進んでいくと感じました。たくさんの人からのメッセージが、東北の方々に勇気や希望を与えると思います。大変な時だからこそ、みんなが協力しつながって苦しい思いをしている方や寂しい気持ちになっている方に、パワーを分けられたらなと思います。(埼玉県 O様)

◇知らないうちに、いつも通りの空ボトルの返却が嬉しいお手伝いをしたことになりました。個々では何もできないのに、協力できた事が嬉しいです。お世話さまでした。(東京都 H様)

◇石巻市には、ボランティアで行ってきました。ただ、福島の原発に関しては何もできず、鶴乃江酒造さんの「先が見えませんが」のことばに胸が痛みます。福島産の物を買ったり募金をしたり、私に出来ることで東北の皆さんを応援していきたいです。(埼玉県 K様)

◇なかなか個人での協力ができないなか、天然水を買いながらの協力ができマーキュロップ様に感謝です。ありがとうございます。また、このような協力ができたら嬉しいです。(東京都 M様)

その他「少しでもお役にたてて、うれしいです」といったお声を多数いただいております。
お客様からの飲み終わった空ボトル1本のご返却につき10円の義援金を送る
「つながる笑顔プロジェクト」は一度終了させていただきますが、
今後も復興支援や社会貢献につながる活動は、継続していきます。

今後ともマーキュロップ「富士山の天然水」を、よろしくお願い申し上げます。

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

放射性物質の検査結果を更新しました

皆さん、こんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

先日15日、放射性物質の測定検査結果を、HP上に更新致しました。
検査結果はこちら(PDFが開きます)≫

震災以降 放射性物質の検査は、弊社では通常の「水質検査」に加えて、
月に1度行ってきました。しかし最近になってまた様々な報道の影響から
「子どもが飲むので不安で…」とお問い合わせが増えています。
そのため来月からは頻度を増やし、月に2度、1日と15日(休日の場合は翌営業日)
に取水して検査を実施、これまで同様ホームページにて公開して行きます。
マーキュロップ「富士山の天然水」のホームページはこちら≫

※取水後、検査結果が出て公開するまでには、1週間程度かかります。
※「放射性物質」以外の通常の“水質検査”は、工場では毎日、
外部機関による検査は月に一度、これまで通り行っていきます。

***

さて、「検査、検査」と私から言っていながらではありますが・・・
そもそもマーキュロップ「富士山の天然水」に放射性物質に関する検査は
必要なものではありません。えっ?なぜでしょうか?

富士山の地下170mの深井戸から採水している「富士山の天然水」に、
放射性物質が影響・混入するとは考えられないためです。

水道水などを原水として製造されている加工水(RO水)とは異なり、
「富士山の天然水」は、原水に放射性物質が含まれていません。
また天然水の中でも、地表に湧き出る湧水や、浅井戸の水と比較しても、
特に深井戸の天然水は、地表の環境汚染の影響は受けないと言われています。

ウォーターサーバーをご検討される場合は、原水にどのような水が使用されているか
(水道水?湧水?深井戸の天然水?)を確認されることをお勧めします。
小さな子どもにも安心な水を選ぶポイントは3つです。

マーキュロップ「富士山の天然水」は、
・品名   ナチュラルミネラルウォーター (天然水だけが、こう表記できます。)
・採水地  静岡県富士宮市 地下170m (170mは、つまり深井戸です。)
・主な処理 加熱殺菌 (これなら赤ちゃんにも煮沸不要です。)
「加熱殺菌」やミルク用の水の煮沸について、詳しくはこちら≫

このような「富士山の天然水」の確かな安全性の説明を、
スタッフがお客様おひとりおひとりに対してご納得いただけるまで真剣に
お伝えすることができれば、本来、検査結果の書類など不要だと思うのです。
でも情報が混乱している今、口頭や文章で説明してもピンとこないです…よね…?

よりご安心いただくために、目に見えてわかりやすく根拠ある証明書として、
検査機関による結果の書面を公開しています。

書面に頼らなくてもしっかりとお伝えしていける私たちスタッフ
ひとりひとりの力と、お客様との信頼関係を、もっと育んで行きたいです^^

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

東日本復興支援【3】:東北商品プレゼント

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

東日本大震災の復興支援「つながる笑顔プロジェクト」その3のご紹介です。
その1(ポイント募金)はこちら≫
その2(空ボトル1本の回収で10円の義援金)はこちら≫

プロジェクト期間中に「富士山の天然水」を新たにご利用いただけるお友達を
ご紹介(ご契約)いただいた場合、お客様とお友達、双方に東北のおいしいものを
プレゼント!東北地方の経済活性化に貢献します。

Aコース:東北の酒コース
Bコース:東北の食コース
※放射性物質の影響等は一切ない商品のみをご提供いたします。ご安心を^^

お届けする商品は、状況により変わりますのでセレクトは弊社へお任せください。
今、お届けしている酒コースの商品をご紹介しましょう。

創業二百年以上の老舗の酒蔵 鶴乃江酒造さんの純米吟醸「ゆり」です。
酒造技能士の母と醸造学を学んだ娘がつくった、米の味を生かした日本酒。
女性にファンが多いそうですよ^^

東北地方の日本酒ゆり

ここからも義援金が生まれています!箱にこんなシールが。
起き上がろう!ふくしま!マーク

マーキュロップの東日本復興支援の取り組み 詳しくはコチラ
つながる笑顔プロジェクト≫

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」のホームページはこちら≫

東日本復興支援【2】:1本が10円に!

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

4月15日より開始したマーキュロップの東日本大震災からの復興支援
「つながる笑顔プロジェクト」その2をご紹介します。その1はこちら≫

お客様の空ボトルのご返却1本につき10円をマーキュロップグループ負担で
日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。お客様は、飲み終わった空ボトルを
通常通りご返却いただくだけで、義援金活動にご協力いただけます。

例えば2週間に一度、「富士山の天然水」を3本お届けのお客様は、2週間で3本=30円
ですから、月に6本=60円の義援金募金に協力していることになります。
自動的に募金されますのでお客様は申請等は不要です。配送時に
「ご協力ありがとうございます!」という“ Thank youカード ”もお配りしています^^

これまで通りの皆さんの「富士山の天然水」のご利用が、復興支援につながります。
もちろん、日本経済の活性化にも!

ところで、なぜ、空ボトルなのか?
普通は「お買い上げ金額の一部を寄付」では?と思われるかもしれません。

天然水でなく空ボトルに義援金をつけているのは、マーキュロップが使用している
ボトルは、環境保全につながる地球にやさしいリターナブルボトルだからです。
つながる笑顔プロジェクトには「地球環境のためにもボトルのご返却にご協力
いただきありがとうございます!」という想いも込めているのです。

つながる笑顔プロジェクト詳細はコチラ≫

【補足】リターナブルボトルとは?

「リターナブル」に似た言葉
◎リサイクル →形を変えて再生して利用すること
◎リユース →ビンなどを洗浄殺菌して繰り返し使用すること
◎リターナブル →再使用するために返却・回収ができるもの(リターンできること)

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」の新規お申込はこちら≫