お申込み お問い合せ

天然水でポトフを作る

2011.10.24

皆さんこんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

先日のブログに、料理教室の新メニューの撮影の様子を書きましたが、
今日は注目のメニュー “ ポトフ ” について書きます♪

***

皆さん、普段ご自宅でポトフを作る時、食材や調味料は何を入れますか?

食材はまず、ウインナーや鶏肉など、何か肉類を1種類。
野菜は、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、セロリ、キャベツなど大きく切って
たくさん入れますよね。香草は、ローリエなど。

そして調味料に、塩、コショウ・・・コンソメ! やっぱり使います??
今回、マーキュロップ「富士山の天然水」で作るポトフにはコンソメを使いません。

ミネラルウォーター富士山の天然水でポトフ
調味料はこの3つ!
透き通った濁りのない透明なスープになります^^

◇「富士山の天然水」  … 浄水器の水とは差がでます。
◇ 塩         … コンソメがない分、少し強めに。
◇ ローリエ      … 臭みを消して香りづけに。

あとは、たくさんの野菜と少しのお肉から出る素材本来の味でおいしく仕上がります。
でも濃い味付けに慣れている方には、ちょっと物足りないかもしれません。。
そんな方は、マスタードを添えてどうぞ。

マーキュロップが料理教室の講師を依頼している、料理家の柳瀬さんによると、
「入れる野菜はお好みですが、よーく味の出るセロリは必須!好き嫌い言わないで」
との伝言です^^;

「富士山の天然水」で作ったポトフは、しっとりやわらくやさしい味に仕上がりに。
水の味の特徴が、そのまま料理に出るんですよね。
そして、食材から灰汁(あく)がぜんぜん出ないのです。不思議。

“軟水”の基準は硬度0〜100までですが、「富士山の天然水」は硬度29.8。
軟水の中でも、やわらかい天然水です。

ご愛飲いただいているお客様に聞くと、「富士山の天然水」の料理への
使用は、“お米を炊くとき、おみそ汁、煮物”、冬は“鍋もの”が多いのですが、
今度は洋風に“天然水でポトフ”も、ぜひ試してみてください♪

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」ホームページはこちら≫

       

富士山の天然水 12リットル 1,760円(税込)            
あんしんサポート料 月713円(税込)※ウォーターサーバーの機種により異なります。

お申込はこちら
お申込み

0120-140-096

受付時間 9:00~17:00(日曜除く)

上に戻る