お申込み お問い合せ

逆浸透膜(RO膜)で放射線は取り除ける?

2011.04.11

皆さん、こんにちは。
「富士山の天然水」をお届けする株式会社マーキュロップの岡本です。

購入をご検討されている方から、こんなお問い合わせをいただきました。
「逆浸透膜(RO膜)で、放射性物質は本当に取り除けているのですか?」

1件でも2件でもお問い合わせをいただいたということは、他にも誤解されている方が
いらっしゃるかもしれないということで…「富士山の天然水」についてご説明しますね。

「富士山の天然水」は、逆浸透膜(RO膜)を使用していません。

「富士山の天然水」は、静岡県地下170mの深井戸から汲み上げた貴重な天然水、
ナチュラルミネラルウォーターです(12L/1,500円)。水道水や河川の水、一部の
湧き水など、逆浸透膜(RO膜)を使用しなければ、販売できない水とは異なります。

弊社マーキュロップと同じように、ウォーターサーバーでお届けしているブランドには
水道水などを逆浸透膜(RO膜)処理した ろ過水(RO水)を使用している水が多いため、
ウォーターサーバーといえば天然水もRO水も混同されている方も多いかもしれませんが、
マーキュロップ「富士山の天然水」は、そのような水とは根本的に異なります。

もちろん放射性物質の影響も受けておりませんので、ご安心ください。

***

ところで、ご質問の逆浸透膜(RO膜)が放射性物質を取り除けているかどうかの件、

「富士山の天然水」は根本的に違う、ということをご理解いただいた後もお客様は、
ろ過した逆浸透膜(RO膜)自体は、どのくらいの頻度で交換されているのでしょうか?
ろ過した後に残る汚水はどのように処理しているのでしょうか?福島原発の汚染水は、
逆浸透膜でろ過したりしないのでしょうか?やっぱり取り除けないってこと?

など心配されていましたが、逆浸透膜にも種類があり様々な見解があるようですね…
唯一無二の「正しい解答」がない今、何を選び、どう暮らすべきか。

天然水かどうかの見分け方は、「品名」にナチュラルミネラルウォーターと
記載されているかどうか
です。ペットボトルのミネラルウォーターも同じです。
南アルプスの天然水や、富士山のバナジウム天然水、ボルヴィック、エビアンなど
にも、裏面の表示に「ナチュラルミネラルウォーター」と記載されていますよ^^

ウォーターサーバーは、RO水の方がお安いので価格で見分ける方法も。。

::::::::::

「富士山の天然水」・ウォーターサーバーに関するお問い合わせ・お申込みは、
株式会社マーキュロップお客様窓口
0120-140-096 受付時間9:30〜18:00(日曜除く)
マーキュロップ「富士山の天然水」の新規お申込はこちら≫

富士山の天然水 12リットル 1,630円(税別)
あんしんサポート料 月649円(税別)※ウォーターサーバーの機種により異なります。

お申込はこちら
お申込み

0120-140-096

受付時間 9:00~17:00(日曜除く)

上に戻る